◆【健保】給付・第三者行為◆

傷病手当金の基本と実務
●対象者
健康保険組合の給付担当者様
●開催日
2018/01/16(火)
●時間
10:00〜16:30
●会場
黒龍芝公園ビル 会議室 (一社)全国中小企業勤労者福祉サービスセンター(全福センター) [詳細]
●講座のねらい
傷病手当金の支給手続きについては幅広く、また複雑な事例を取り扱う場面も多くみられます。
 具体的には傷病手当金の算定方法や、給与、俸給、手当などの報酬と傷病手当金との調整、あるいは支給の判断にあたっては、治ゆであるか否か、同一疾病か否か、などの判断が求められます。
 さらに最近では、精神疾患や臓器移植などに関した労務不能の取り扱いなど、新たな時代を反映する課題も散見されます。
 本セミナーでは、傷病手当金の概念から算定方法の取り扱い、あるいは社会保険審査会の裁決例などに至るまで、基礎から実務を体系的に学べるプログラムと致しました。
●主なプログラム
プログラム10:00〜16:30(お昼休憩12:00〜13:00)
1. 傷病手当金の概念

2. 傷病手当金の支給要件

3. 傷病手当金の支給額

4. 支給期間

5. 報酬との調整

6. 傷病手当金に関する通達のポイント

7. 実例研究(社会保険審査会の裁決例など)
※ 事前にご質問を頂きました際には、そのご質問をもとに、差し支えない範囲で、講師がポイントを解説する場合がございます。

8. 質疑応答(16:00〜16:30)
※ 開催当日は、ご参加の人数によりまして、スクール形式ではなく、ゼミ形式で、講師とご参加の皆様とでコミュニケーションを図ります。

講師:清水 光彦
●受講料
会員 25,000円 一般 39,000円
●申込締切日
2018年01月15日
このセミナーの受付は終了致しました。ご要望・お問い合せ等はこちらまで